京都実装技術研究会

 平成29年度
研究会活動
(例会等)

オープニングセミナー
(第1回)
  5月23日(火)

 第2回
7月28日(火)

第3回
10月18日(水)

工場見学会
11月16日(木)

第4回
1月24日(水)

第5回
   3月開催予定 

平成29年度
セミナー活動

スキルアップ
セミナーⅠ
   12月14日(木)

スキルアップセミナーⅡ
2月15日(木)

 

趣 旨

 京都実装技術研究会は、昭和62年に発足し、電子機器の生産に深く関わる基盤技術として接合・実装技術を中心に、生産現場の高度化のために必要な課題や各社が抱えている共通の問題をテーマにした研究会活動を行い、技術水準の向上に努めてきました。

 近年は、特に鉛フリーを含む有害物質規制(RoHS:2006年7月1日施行)の対応を中心に活動を行い、実績を収めてきました。

 しかしながら、実装技術についての問題がすべて解決されたわけではなく、鉛フリーについても対応、体制は整いましたが、その信頼性等引き続き検討していかなければいけないなど課題は山積しています。

 当研究会では、発足当時の接合・実装技術の基本に立ち返り、現場に即した材料、プロセスについての情報提供、信頼性の構築方法等をテーマに下記事業内容で研究会を行います。

 

主 催

 京都実装技術研究会、京都府中小企業技術センタ-

 

事業内容

 例 会  5回
  • 実装技術及びその信頼性を高めるための構造、材料、プロセス設計、評価技術について、課題解決のための研究及び情報提供を行う。
  • 実装技術のトレンド、新技術について情報提供を行う。
  • 実装技術において、各企業に共通する課題について、その解決をトップランナーに講演してもらい、自社の課題解決に役立てる。
 現場見学会  1回
実装技術について、先進的に取り組んでいる工場を見学し、自社の課題解決に役立てる。
 スキルアップセミナー  2回
実装技術に関する技術及び知識の習得を図る。
 交流会  1回
会員間の情報交換、連携を促進するために互いに紹介しあう交流会を開催。

 

会 費

 1社 20,000円/年
   ※会費は、企業単位で、例会等の参加は、原則として複数名を認めますが、
    参加者が多い場合には制限する場合があります。

 

入 会

  入会申込書(Word) (29年度版)

 

事業実績

  平成28年度

  平成27年度

  平成26年度

 

問合せは、
京都府中小企業技術センター 応用技術課 電気・電子担当
(京都実装技術研究会事務局)
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
       京都産業支援センター内
TEL 075-315-8634  FAX 075-315-9497
E-mail jisso@kptc.jp