京都実装技術研究会

 

趣 旨

 京都実装技術研究会は、昭和62年に発足し、電子機器の生産に深く関わる基盤技術である接合・実装技術を中心に、生産現場の高度化のために必要な課題や各社が抱えている共通の問題をテーマにした研究会活動を行い、技術水準の向上に努めています。ぜひご入会ください。

 

主 催

 京都実装技術研究会、京都府中小企業技術センタ-

 

事業内容

◆例 会  年5回

 実装技術及びその信頼性を高めるための研究、最近のトレンド、新技術について情報提供を行います。新型コロナウイルス感染症対策のため、web・会場を併用した形式での開催です。

 

近年の講師

目黒 和幸 氏/ (地独)岩手県工業技術センター
江尻 芳則 氏/ 昭和電工マテリアルズ(株)
富永 亮二郎 氏/ (株)FUJI開発センター 技術部 課長
福田 光樹 氏/ (株)ワンダーフューチャーコーポレーション 代表取締役社長
味岡 恒夫 氏 / 故障物性ソリューション
河野 友作 氏 / (株)ジャパンユニックス 経営企画グループ長
西室 将 氏 / 山陽精工(株)  SMT事業
田辺 一彦 氏 / 日本電気(株) 信頼性評価, 故障解析担当 洗浄, はんだ付けテクニカルアドバイザー
長田 英也 氏 / 中沼アートスクリーン(株) 技術開発室 
梶田 栄 氏 / NPO法人サーキットネットワーク 理事
泉谷 涉 氏 / (株)産業タイムズ社 代表取締役社長
西村 哲郎 氏 / (株)日本スペリア社 代表取締役
佐竹 正宏 氏 / ソルダリングテクノロジーセンター 代表

 

◆講習会及びワーキンググループ活動

「はんだ付け講習会」
「リフロー装置による表面実装部品と挿入備品の一括実装」のワーキング活動

 

リフロー装置を使用した
実験

座学形式の例会
(WEB併用以前の様子)

はんだ付け実習の
様子

開催スケジュール

  5月25日 オープニングセミナー

  7月13日 第2回例会

 10月7日 第3回例会

 11月頃

  2月頃

 

年会費

20,000円/社

*入会は企業単位です。例会等の参加は、原則として複数名を認めますが、参加者が多い場合には制限することがあります。

 

入会申込

 下記の入会申込書をダウンロードし、FAXまたはE-Mailでお申込みください。

 

案内資料・申込書

事業実績

  下欄「関連情報」をご覧ください。

 

問い合わせ先
京都府中小企業技術センター 応用技術課 電気通信係
(京都実装技術研究会事務局)
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
      京都産業支援センター内
TEL 075-315-8634  FAX 075-315-9497
E-mail jisso@kptc.jp