センターの概要

 京都府中小企業技術センターは、公設の試験研究機関で、技術相談・依頼試験・機器貸付をはじめとした技術支援、研究会・セミナーによる人材の育成、企業のニーズに応えた研究開発や産学公連携の推進、企業に役立つ技術情報の発信を業務の柱として、企業への支援を行っています。

 また、経営支援を担う財団法人京都産業21とともに「京都府産業支援センター」を構成し、「技術」と「経営」のワンストップ総合サービスを提供しています。(けいはんな学研都市の相楽郡精華町に「けいはんな分室」、中丹地域の綾部市に「中丹技術支援室」を設置しています。)

事業計画・事業概要報告書
平成27年度事業概要報告書(PDF)
平成28年度事業概要報告書(PDF)
平成27年度事業計画(PDF)
平成28年度事業計画(PDF)
平成29年度事業計画(PDF)

組織図


センターの沿革

昭和17年 京都市下京区西七条名倉町に京都府立機械工養成所を設置
昭和21年4月 京都府立機械工養成所を改組し、京都府立機械工業指導所を設置
昭和25年8月 京都府立産業能率研究所を設置
昭和37年8月 産業能率研究所と機械工業指導所を統合し、京都府立中小企業指導所を設置
(それぞれ経営指導部、技術指導部となる)
昭和41年6月 名称を京都府立中小企業総合指導所に変更
平成元年10月 京都リサーチパーク内に移転し、名称を京都府中小企業総合センターに変更
平成13年4月 けいはんな分室を設置
平成17年4月 経営部門を財団法人京都産業21に移管し、名称を京都府中小企業技術センターに変更
平成19年4月 中丹技術支援室(北部産業技術支援センター・綾部)を設置

施設概要

土地  1,380.20平方メートル
建物  7,296.23平方メートル(平成元年8月竣工、平成13年12月増築)
構造  鉄骨・鉄筋コンクリート造、本館地下1階、地上5階、研究交流棟地上1階

当センター名のロゴタイプについて

「信頼感」や「力強さ」を感じさせるゴシック体を基本にしつつ、柔らかくアレンジすることで「柔軟かつ効果的なサービスの提供」を、さらに「京」の一部を特徴的に丸くすることでリズム感を出し、「迅速な対応」を表現するとともに「お客様へのほほえみ」をあらわしています。