高速三次元成形機(樹脂粉末積層3Dプリンタ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この成形機を用いることにより、3次元CADデータから直接、より素早く立体形状モデルを作成することができます。

メーカ ・ 型式
株式会社 アスペクト
RaFaEl 300F
性  能
作成方法     粉末焼結法による積層造形 
有効造形サイズ  300mm × 300mm × 400mm
実造形サイズ   290mm × 290mm × 370mm     
積層ピッチ    0.08mm ~ 0.20mm(標準0.1mm)
レーザ      Fiber レーザ
         出力 50W、ビーム径 0.17mm
         走査速度 10m/sec 、 ジグザグ走査方式
造形材料     ナイロン11(ASPEX-FPA 黒)
設置年度
2013年
担  当
基盤技術課 機械設計・加工担当
TEL 075-315-8633       FAX 075-315-9497
E-mail kikai@kptc.jp
使用料(基本額)
こちらをご覧ください
依頼試験手数料(基本額)
こちらをご覧ください
 

その他

特 徴

  • 樹脂粉末をレーザーで溶かし固め積層し、立体物を製作(粉末積層造形)
  • 3次元CADデータから直接製作、金型不要の高速試作
  • ファイバーレーザー搭載、ビーム径 φ0.17mmでの高精度・高精細造形
  • 強度・耐久に優れた部品を造形可能、生産性は従来装置の約2倍

効 果

  • 製品試作に活用され、開発の費用と期間を大幅カット
  • 耐久性に優れ、少量多品種や一品の製品生産にも最適
  • 他の加工法では作れない複雑形状や内部構造の製作可(サポート不要)

適用例

20143d-2