EMC試験設備(電波暗室)

keirin

 平成25年度に電波暗室ユニットの改装工事を行い、公益財団法人JKAからの補助をいただき、高周波域でのノイズ測定(1~6GHzの放射性雑音電磁界測定)に対応する試験設備の拡充を図りました。

 試験機器等

電波暗室

(主な用途)
 この部屋の中で試験を行うことにより、外からの電磁波を遮断し、対象物からの電磁ノイズを測りやすくなります。また、外へ電磁波が漏れないように電磁波照射試験が行えます。壁面の突起は部屋内で電磁波が反射しないようにするためです。

(性       能)
 6面電磁波吸収仕様

emc-1 

 電磁放射測定機

(主な用途)
 電子機器が空中へ放射する電磁波の強さを国際標準に基づき計測

(性       能)
 測定周波数範囲:9KHz~6GHz

 emc-2

 放射イミュニティー自動試験システム

(主な用途)
 電磁波障害耐性の確認試験

(性       能)
 試験周波数範囲:80MHz ~2.5GHz
  出力:10V/m(3m法)

 

 公益財団法人JKA補助機器(競輪補助物件)keirin

 cms-3
依頼試験手数料(基本額)
伝導性雑音電磁界測定
放射性雑音電磁界測定
伝導性電磁界イミュニティ試験
放射性電磁界イミュニティ試験
低周波エミッション測定
低周波イミュニティ試験