クリエイティブ京都M&T 2019年4月号(No.154)

 


♦技術センターから

平成31年度 京都府中小企業技術センターの事業計画
 平成31年度においては、京都府産業を支える中小企業の皆さまの技術力向上を支援するため、当センター憲章をよりどころとして第3期中期事業計画を推進し、以下の項目を重視しながらさまざまな取組を行います。
全文を読む


平成31年度 研究会、セミナー・講習会等のご案内
 技術センターでは、中小企業の皆さまの技術基盤の強化・技術者等の養成・新事業展開に役立てていただくため、各種研究会やセミナー・講習会を開催しています。平成31年度は下表のとおり実施する予定です。ぜひご活用ください。全文を読む

♦技術トレンド

食品の水分活性について

 食品を開発する際に、水分活性を考えて設計することは重要です。水分活性を調べることで、保存性を高めるための適切な対策をとることできます。全文を読む

ものづくり品質向上のためのV&Vについて

 設計仕様を満たしているかどうかの検証(Verification)と妥当性の確認(Validation)、すなわち「V&V」は、製品の機能性・安全性等のものづくり品質を確保するための基本的な手段として求められています。【全文を読む


♦業務・相談事例紹介

映像や動画制作で困ったことはありませんか

 技術センターでは、映像や動画制作に関する技術相談や、人材育成のお手伝いをしています。今回は、それらの中から4つの相談事例をご紹介します。【全文を読む


♦技術センターから

デザイン賞が企業を変える

 技術センターでは「ものづくり企業とデザインのマッチング」を目的に、京都ビジネス交流フェアの会場で毎年
「KYOTO DESIGN WORK SHOW」を開催しています。デザインの導入や活用のきっかけにしていただこうというものですが、併せて会期中にショートガイダンスも実施しています。テーマは「デザイン賞が企業を変える― 取引先が変わる、社内が変わる」と「デザイン導入の現場から― 初めてのデザイン、その成功のポイント」の二つ。今回は前者の要点をお伝えします。【全文を読む

 

けいはんな分室の産学公連携

 けいはんな分室では地元企業を中心に産学公連携を進めるため、京都産業21と協同で、京都大学宇治キャンパスの4つの研究所と同志社大学京田辺キャンパスと連携して産学交流会を開催しています。今回は、平成30年度事業の概要を紹介します。【全文を読む

 

平成30年度「利用者窓口アンケート」の実施結果

 技術センターでは、今後の事業展開や業務改善に役立てるため、利用者の皆さまを対象に、利用目的や満足度、ご要望などについて伺う「利用者窓口アンケート」を実施しています。平成30年度の結果概要をお知らせします。
全文を読む

 

♦技術センターからお知らせ 
行事予定表