第2回 化学技術セミナー「イオン液体の現状と展望」[1月31日(金)]

 

日 時 : 令和2年1月31日(金) 14:00 ~ 16:30
会 場 : 京都府産業支援センター 5階 研修室
      (京都市下京区中堂寺南町134)

 

内 容

 「イオン液体の現状と展望」

   講師: 鳥取大学工学部特任教授,鳥取大学名誉教授 伊藤 敏幸 氏

 食塩に代表される塩は室温では固体で存在していますが、室温でも液体状態である塩はイオン液体と呼ばれています。このイオン液体は、超難燃性、超不揮発性など他の液体とは異なる性質を有しており、これらの独特な性質により、イオン液体の活用の場は電池材料や、電子部品、有機合成、バイオマスなど様々な分野に広がっています。
 イオン液体がどのような性質を持つのか、またイオン液体を応用した技術や最新の研究についてご紹介します。

 

定 員

   50名(先着順。定員を超えた場合のみ、その旨ご本人に連絡します。)

 

参加費

   無料

 

申込方法

1 WEBからの申し込みはこちら

2  E-mail、FAXでの申し込みは下記の参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえお送りください。

 

案内資料・申込書

お問い合わせ先
京都府中小企業技術センター 基盤技術課 化学・環境担当 山口
TEL 075-315-8633 FAX 075-315-9497
E-mail kankyo@kptc.jp