第1回マイクロ波・ミリ波セミナー[10月30日(水)]

 

 

 日常の様々なところで電磁波は使われており、無線通信の5Gや自動運転に利用されているマイクロ波からミリ波に関連する技術については多くの企業で研究・開発が進められています。
 今回、当センターではマイクロ波・ミリ波に関連した技術分野の製品開発を行っている企業の方を対象に、電磁波関連の基礎知識や試作・開発した製品の評価等に関する話題提供を行うセミナーを以下のとおり開催します。

 

日 時 : 令和元年10月30日(水) 13:30~16:30
会 場 : 京都府産業支援センター 5F 研修室
      〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134 京都リサーチパーク東地区内
対 象 : 主にマイクロ波・ミリ波に関連した技術分野の製品開発を行っている企業の方

 

内 容 

 

 

「5G/Beyond 5G へ向けたミリ波・光波融合技術

-サッカースタジアムでの5G無線実験と今後の展開-」

 

 

【講 師】 三重大学 大学院工学研究科 電気電子工学専攻 教授 村田 博司 氏

 

 

 次世代5G無線、さらには次々世代(Beyond 5G)無線においては、搬送波の高周波帯(ミリ波帯)への移行と新しい無線技術の導入が検討されています。特に、5G無線のポイントである「高速度性」と「多数同時接続性」を実現するためには、無線技術と光技術とを巧みに融合させることが求められるほか、「低遅延性」においても無線・光融合は重要です。本年4月に日本でも5G無線の周波数割当が発表され、サービス開始へ向けた準備が進んでいるほか、自動車用レーダーやセキュリティシステムにおいてもミリ波は重要であり、ミリ波応用研究が活発化しています。
 本講演では、5G無線システムの最新動向と、そのためのアンテナ技術、無線・光融合技術と高周波帯で用いられる材料等について解説します。また、日欧国際共同研究プロジェクトで実施したサッカースタジアムでの5G無線実験についても紹介します。

 

 

定 員

   50名(先着順・定員に達し次第締め切り。定員を超えた場合のみ、その旨ご本人に連絡)

 

 

受講料

   無 料

 

 

申込方法

1 WEBからの申し込みはこちら

2 E-mail、FAXでの申し込みは下記の参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえお送りください。

 

 

案内資料・申込書

 

 

申し込み・問い合わせ先
京都府中小企業技術センター 応用技術課 電気・電子担当 中川
 TEL 075-315-8634 FAX 075-315-9497
E-mail denki@kptc.jp