第1回 食品・バイオ技術セミナー(7月2日(月))

 食品の物性を適切に設定した高齢者食の開発、健康を維持・増進するための特定保健用食品や機能性表示食品等の開発は超高齢化社会に向う日本にとって大きな課題です。今回のセミナーではこれらの課題に関連した内容で大学の研究と企業での製品開発についてご紹介しますので製品開発の参考にご活用ください。

 

日 時 : 平成30年7月2日(月) 13:30 ~ 16:30
会 場 : 京都府産業支援センター 5階 研修室

内 容

 「高齢者食開発のための物性評価」
   講師  京都府立大学 食品科学研究室 講師 田代 有里 氏

  高齢者食の開発に際して、既存の物性規格で安全性等の評価・開発が困難であった製品について、
  有効な物性測定法を検討し、製品物性規格を策定した事例をご紹介いただきます。

 

 「京野菜桂うりの機能性」
   講師  京都府立大学 食品科学研究室 助手 佐々木 梓沙 氏

  京野菜桂うりの機能性(抗腫瘍効果、運動時疲労軽減効果、低糖質の糖尿病患者向け食材として
  の利用)についての研究と糖尿病患者向け食材としての利用に関する事例をご紹介いただきます。

 

 「特定保健用食品と機能性表示食品の開発」
   講師  株式会社 ミル総本社 取締役 岸永 幸雄 氏
  特定保健用食品と機能性表示食品の開発事例をご紹介いただきます。

 

定 員

  60名(先着順)

     ※定員を超えた場合、その旨ご本人に連絡いたします。

 

参加費

   無 料

 

申込方法

   WEBからのお申し込みはこちら からお申込みください。

   または「参加申込書」 (WORD形式:21KB) をダウンロードし、
   必要事項を記入のうえメールまたはFAXまたは郵送でお申込みください。

 
       

申込み・問い合わせ先は、
京都府中小企業技術センター 応用技術課 食品・バイオ担当
TEL 075-315-8634 FAX 075-315-9497
E-mail ouyou@kptc.jp