第3回 食品・バイオ技術セミナー「食品・バイオ技術の最前線-食品の機能性と安全性」(1月19日(金))

  食品サイエンスおよびバイオテクノロジーの最近の話題、問題点について勉強し、議論します。最先端で活躍中の4名の講師から、食品の高度機能化を目的とした酵素化学、タンパク質化学、バイオサイエンスの理解およびこれらサイエンスの応用について紹介していただきます。具体的には、生活習慣病改善を目指す食品機能の開発、介護食品開発の観点を中心に、基礎から応用にわたり、平易に解説いただきます。

 

日 時 : 平成30年1月19日(金)13:30 ~ 16:30
会 場 : 京都府産業支援センター 5階 研修室

内 容

世話人・座長
 井上國世氏(京都府中小企業特別技術指導員・京都大学名誉教授)


 講演1『コーヒーと健康 ~クロロゲン酸の機能性およびアクリルアミド低減の取組~』

                    UCC上島珈琲(株)イノベーションセンター・係長      成田 優作 氏

 講演2『食品タンパク質由来の機能性ペプチドと腸―脳連関』

                     京都大学農学研究科食品生物科学専攻・准教授          大日向 耕作 氏

 講演3『「植物性」が世界の潮流に。注目される大豆素材(たん白・ペプチド)の新展開』

     不二製油グループ本社(株) 未来創造研究所 たん白チームリーダー  齋藤 努 氏       

 講演4『日本の介護食を変える広島発“凍結含浸法”』

     広島県立総合技術研究所 食品工業技術センター 食品加工研究部・副部長 柴田 賢哉 氏

 

定 員

  60名(先着順)

     ※定員を超えた場合、その旨ご本人に連絡いたします。

 

参加費

   無 料

 

申込方法

   WEBからのお申し込みはこちら からお申込みください。

   または「参加申込書」(WORD形式:21KB)をダウンロードし、
   必要事項を記入のうえメールまたはFAXまたは郵送でお申込みください。

 
       

申込み・問い合わせ先は、
京都府中小企業技術センター 応用技術課 食品・バイオ担当
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
TEL 075-315-8634 FAX 075-315-9497
E-mail ouyou@kptc.jp