第2回 EMC技術セミナー[7月21日(金)]【受付終了】

 安心・安全な電気・電子製品を開発し提供するためには、製品から放出される電磁ノイズの低減・規制対応や、日常で発生している雷、静電気、他の製品から放出の電磁ノイズを受けた際に誤動作・故障しないように対策するなど、EMC(電磁環境両立性)および製品安全に関する知識と技術が必要となります。

 このEMCおよび製品安全の知識と技術を広めるため、主に製品開発や品質管理の方々を対象として、以下のとおりセミナーを開催します。

 

日 時 : 平成29年 7月21日(金) 13:00~16:00
         ※時間を変更しましたのでご注意ください。      
会 場 : 京都府産業支援センター 5階 研修室

      

内 容

 「伝導・放射ノイズ測定に必要な測定器(オシロスコープからEMIレシーバ まで) 」
      ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 技術部 吉本 修 氏

電気電子回路測定の一般的なツールであるオシロスコープをノイズ測定に用いる際のポイントから、規定測定で用いられるEMIテストレシーバの特徴まで、現場でのノイズ対策に必要な測定機器について実機を用いて幅広くご紹介します。

 

定 員

   20名(先着順)

 

締 切

   7月18日(火) 17:00まで(定員になり次第、受付終了となります)
    

参加費

   無 料

 

申込方法

申込み・問い合わせ先は、
京都府中小企業技術センター 応用技術課 電気・電子担当
 TEL 075-315-8634 FAX 075-315-9497
E-mail denki@kptc.jp