第30回 京都大学宇治キャンパス産学交流会<防災研究所>[12月3日(月)]

 2018年は災害が多発し、日本列島に大きな爪痕を残しました。今回は、地震防災に取り組まれている2名の先生に「大阪北部の地震」についてご講演いただきます。また、産学連携の事例を紹介していただくほか、防災意識を育むことができる防災ゲーム(クロスロード)を体験していただくこととしています。
大変興味深い内容になっており、どなたでもご参加いただけますのでお気軽にお越しください。

 

日 時 : 平成30年 12月 3日(月) 14:00~19:00
場 所 : 京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市五ヶ庄) 
      宇治地区研究所本館 S棟5階 S-519D室 下記構内図の27番の建物南側(S棟)
      http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/downlodemap/documents/2018/uji.pdf

内 容

☆ 1部 講演会 14:00~17:30 
 ◇研究シーズ   

       「大阪北部の地震と関係する諸問題」
    
京都大学防災研究所         教 授   飯尾 能久 氏

大阪府北部の地震(マグニチュード6.1)は2018年6月18日に高槻市付近、有馬高槻断層帯の近傍で発生した。最大震度は6弱、ブロック塀の倒壊や倒れた家具の下敷きなどにより4名の方が亡くなられた。本講演では、この地震の概要と周辺の地震発生場の特徴、地震活動や活断層の分布などについて紹介する。

   「大阪府北部の地震の地震動と被害」
   
京都大学防災研究所       教 授   松島 真一 氏 

2018年6月18日に発生した大阪府北部の地震では、最大震度6弱を観測した。この地震による建物倒壊による死者はいなかったものの、学校のブロック塀や家具の下敷きになって4名が亡くなった。また、一部損壊の建物数は多く、ライフラインの寸断もあり、生活に支障を来した。このような被害をもたらした地震動と被害の関係について紹介する。

 

 ◇ 関連企業紹介 

   「命を守る耐震補強『壁柱』の取組み」      
     
(一社)大阪府木材連合会    事務局長   橋本 真一 氏 

 

 ◇ 京都府の施策紹介

   「BCP策定のすすめ」
     
京都府府民生活部防災消防企画課  地域防災担当課長  船越 理志 氏

 

 ◇ ワークショップ

    防災ゲーム(クロスロード体験)

 

☆ 2部 懇親会(要会費) 17:40~19:00

  会 場 生協宇治食堂

 

定 員

  60名(先着順)
  ※お申し込み受付け後、定員締め切り以外は特に連絡いたしませんので当日会場にお越しください。

 

参加費

  第1部 無料
  第2部 企業連絡会員 2,000円 会員外 5,000円(会費は講演会場受付で徴収いたします。)

 

申込方法

  • WEBからのお申し込みはこちら
  • 下記の申込書をダウンロードし、
    必要事項を記入のうえE-mailもしくはFAXにてお申込みください。
     

案内資料・申込書

 

 

申し込み・問い合わせ先
京都府中小企業技術センター けいはんな分室
TEL 0774-95-5050 FAX 0774-66-7546
E-mail keihanna@kptc.jp