京都品質工学研究会

30年度会員募集中!

品質工学について

 製造業では、ユーザーのニーズにマッチした魅力的な製品を生み出すことも重要ですが、その製品を低コストで製造上のトラブルも市場クレームも起こさせない、安定した製品・設計・製造技術を開発することも大きな課題です。

 品質工学は、将来起こるかもしれない多くの問題を未然に防止し、安定した設計・製造技術を効率よく開発するための技術的方法論です。

 田口玄一博士が提唱したことから欧米では「タグチメソッド」として世界的に広く活用されており、幅広い技術分野の様々な開発プロセスで、製造上のトラブルや市場クレームのない低コスト製品を効率的に開発するためのツールとして、大きな成果をあげています。

 ・こちらもご覧ください 品質工学会ホームページ

 

研究会の目的

 当研究会は品質工学を技術者が学び、実践し、交流する場として、効率的な技術・製品開発を実現するための技術力を持つ人材の育成を目的としています。

 

主 催

  京都府中小企業技術センター
  公益財団法人京都技術科学センター

 

内 容

定 例 会 講師による講義・講演を行うほか、適宜、会員からの事例発表・話題提供
個別課題相談
(随時)
会員の課題について、京都府特別技術指導員の講師による個別相談・指導

活動期間

  平成30年 6月~平成31年 2月まで 
  定例会(6回)原則第2金曜 13:30~17:00まで
  滋賀県・関西品質工学研究会との合同定例会・合同シンポジウムを含む    

【平成30年度 定例会開催計画】

  開催日 講 師
第1回 6月8日(金) TM実践塾 芝野広志 氏
第2回 8月3日(金) 滋賀県・関西と合同例会(予定)
第3回 9月7日(金) TM実践塾 芝野広志 氏
第4回 10月9日(火) 関西地区品質工学合同シンポジウム(京都)
第5回 12月14日(金) (有)アイテックインターナショナル 中野惠司 氏
第6回 2月8日(金) (有)アイテックインターナショナル 中野惠司 氏

 

年会費

法人会員
新規 40,000円(2名まで) 追加1名につき15,000円
継続 30,000円(2名まで) 追加1名につき10,000円
個人会員
新規 20,000円(1名)
継続 15,000円(1名)

申込方法

 申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえFAXまたはメールで送付してください。
新規 新規会員用申込書(Word形式)
   新規会員用申込書(PDF形式)
継続 継続会員用申込書(Word形式)
   継続会員用申込書(PDF形式)
※入会は随時受け付けています。

 

申込みおよびお問合せは、
京都品質工学研究会事務局
京都府中小企業技術センター 基盤技術課(関・山口)

TEL 075-315-8633 FAX 075-315-9497
E-mail   kankyo@kptc.jp