平成29年度『CAE技術研究会』成果発表会[3月14日(水)]

 『CAE技術研究会』は、主に設計技術者を対象として、研修から事例研究、そしてその成果を発表するという一連の活動を通じて、CAEの活用技術の習得とスキルアップを目指しています。今年度の活動報告として、以下のとおり成果発表会を開催します。

 

日 時 : 平成30年3月14日(水) 13:00~17:30
場 所 : 京都府産業支援センター 5階 研修室

 

内 容

1.平成29年度の活動報告等
2.講演
     「非線形解析の留意点とADINA活用事例」
                            ニュートンワークス株式会社 マネージャー 太田 裕久 氏

 

  有限要素法を用いた構造解析を中心とした内容を説明します。

・「線形解析と非線形解析の違い!」(弾性/弾塑性、微小変形/大変形)
・「実験と解析結果を比較して分かる事!」(初期状態の考慮)
・「解析が収束しない時の原因と対策!」(事例:ゴムの圧縮解析)
・「解析事例紹介」(ねじの解析、接触解析、他)

 

3.事例研究の成果発表(会員7名)

 発表者及びテーマ

 テーマ 発表者 
せん断加工による工具損傷の検討 ㈱谷テック 仲村 勝氏 
丸鋸のロウ付け時の刃先温度の検討 ㈱谷テック  宮部 泰宏氏
丸鋸の腰入れの解析
鉛筆硬度試験のCAE解析について 東レフィルム加工㈱ 谷 尚樹氏
恒温槽の棚板の軽量化検討 エスペック(株) 川﨑裕大氏
車載シート取付強度の解析 (株)ワークヴォックス 小牧 栄太氏
振動試験用治具の測定精度への影響 当センター 上原 忍

 

4.平成30年度『CAE技術研究会』のご案内

参加費

   無料

 

定 員

   30名

 

申込方法

   WEBからのお申し込みはこちら

   「CAE技術研究会」成果発表会参加申込書(Word形式:32.0KB)
   ダウンロードし、FAXにてお申し込みください。

 

申込み・問い合わせ先は、
京都府中小企業技術センター 基盤技術課 担当 村松
TEL 075-315-8633 FAX 075-315-9497
E-mail mit09@kptc.jp