緊急事態宣言発令に伴う業務の取り扱いについて(8月20日更新)

 京都府への「緊急事態宣言」の発令を受けて、当センターでは、感染防止対策の一層の徹底を図り、下記のとおり技術支援業務を継続します。なお、感染防止対策上、技術相談などへの対応については、通常よりも時間がかかる場合があります。
 ご利用の皆さまには、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

業務の取り扱い

 技術相談、依頼試験・受託研究、機器利用については、完全予約制としております。
 必ず事前に、電話等でご連絡いただき、打ち合わせを行ってください。事前のご相談により、感染防止対策(「三密の回避」等)の条件の下、対応可能と判断できた場合について、受け付けさせていただきます。

 お問い合わせ先 [リンク]

 

セミナーについては、原則オンライン開催とします。ただし、一部のセミナーについては感染防止対策を徹底した上で参集方式により行います。

※詳しくは、各セミナーのご案内をご確認ください。

 

来所に際してのお願い

ご来所にあたっては、以下の感染拡大防止措置の徹底をお願いします。
 ・必要最少人数としていただくこと
 ・マスクの着用
 ・丁寧な手洗い、手指消毒 (当センター入口等にアルコール消毒液を設置しています。)
 ・発熱等の症状がある方は来所を控えていただくこと

 

関連情報

京都府の新型コロナウイルス感染症に関する情報 [外部リンク]

・事業者の方への情報(支援制度・相談窓口など)のページ